消費者金融 他社借入 嘘

消費者金融で聞かれる他社借り入れ

消費者金融,他社借入,嘘
他社借り入れ件数と金額に嘘を書いたらバレるのか?

 

消費者金融の審査に申し込みするときって、必ず他社借り入れ件数と額をきかれます。

 

仮審査のときも必ず聞かれる項目になっています。

 

他社で複数の借り入れがある方は、

 

正直に書いたら審査に通らないんだろうか。。と不安になるかもしれませんね。

 

しかし、この

 

  • 他社借り入れ額
  • 他社借り入れ件数

 

申告欄に嘘を書いても必ずバレます。

 

バレるだけでなく、『嘘を申告した人間』ということで、間違いなく審査に落ちます。

 

消費者金融は担保や保証人が不要なので、あなたの収入や身元が審査の判断基準になるんですね。

 

そこで嘘があれば、即信用できないと判断されます。

 

だから嘘を書くのはダメなのです。

 

 

嘘がバレるのは、信用情報機関というしくみがあるからです。

 

ローンやキャッシングを利用したときに、すべてのデータがこの信用情報機関に登録されます。

 

通常のクレジットカードの利用ももちろん例外ではありません。

 

あなたのありとあらゆる情報が記録されています。

 

この情報はキャッシングの審査のときに、金融会社がすべて共通で見れることになっているので、嘘をついても『他社でいくら、何件借り入れしているか』は丸裸なんです。

 

5社の6社も借り入れがあるなら審査は難しくなるかもしれませんが、単純に1社すでに借り入れがあるから借りれない。。ということはありません。

 

審査内容によって借りれる可能性はあります。※審査によります

 

嘘がバレるかより、正直にありのままを申告して審査を受けるのが大前提になります。

 

消費者金融※他社借入の嘘はバレる?バレない?真実の情報

 

他社借り入れ額や件数が気になる方におすすめの消費者金融を紹介します。

 

当サイトからの審査申込み数が多い順ランキング

 

プロミス

まずはプロミスがおすすめです。

 

消費者金融,他社借入,嘘

アコム

プロミスと同時に申込むのがおすすめのアコム。

 

消費者金融,他社借入,嘘

SMBCモビット

WEB完結なら電話なし郵送物なしでスピーディー。
プロミスとアコムにある30日間無利息はありませんが人気です。

 

消費者金融,他社借入,嘘

 

 

他社借入があっても審査に通る条件とは

 

消費者金融※他社借入の嘘はバレる?バレない?真実の情報

 

消費者金融で借入をするときは、必ず他社借入を申告することになります。

 

ここで他社借入の額を気にして嘘の申告をしても、必ずバレます。

 

申告の嘘がバレるしくみと、バレたときのデメリットを説明します。

 

まず審査のしくみについて。。

 

カードローンで借入をするときに、

 

  • 他社の借入件数
  • 借入の合計金額
  • 借入先

 

などは必ず聞かれます。

 

当たり前のことなんですが、お金を貸し付ける側にとって、あなたがいくらどこから借りているかは非常に重要な審査項目です。

 

とくにカードローンや消費者金融は、無担保・保証人なしでお金を貸すわけですから、信用情報をしっかりと調査するんですね。

 

これが審査の基本です。

 

想像がつくと思いますが、他社借入金額や借入件数が多いほど審査は難しくなっていきます。

 

借入残高がいくら残っているのかということもポイントです。

 

残高が多いほど返済の負担があるとみなされるからですね。

 

年収の3分の1以上借入できないことになっていますが、(これを総量規制といいます)その限度まで行っていなくても、借入額が多いほど生活をあっぱくしていることはわかりますよね。

 

あなたは自分の借入額を把握していますか?

 

消費者金融でお金を借りる申し込みをする前に、いまの自分の借入額、件数は把握しておきましょう。

 

これがハッキリしていないと審査に通らない可能性があります。

 

 

他社借入額とは?

消費者金融※他社借入の嘘はバレる?バレない?真実の情報
つぎに『そもそも他社借入には何が該当るのか?』を説明します。

 

借り入れには申告する必要があるものと、ないものがあります。

 

該当する 該当しない
カードローン・フリーローン 住宅ローン・自動車ローン
マイカーローン クレジットカードでのショッピング
教育ローン 奨学金借り入れ
クレジットカードのキャッシング枠利用 親や友人から借りたお金

 

この表で『該当する』ものの件数と総額を他社借入として申告します。

 

フリーローン・カードローンを申告するのは当たり前ですね^^

 

忘れがちなのがクレジットカードのキャッシング枠利用です。

 

これを申告するのを忘れると審査では「虚偽の申告をした」とみなされてしまうかもしれないので注意しましょう。

 

消費者金融会社の中には、「消費者金融からの借り入れ」と「銀行カードローンでの借り入れ」を分けて記入する場合もあるので、その場合は指示通りに記入しましょう。

 

申告するのかしないのか迷った場合は、オペレーターなどに確認しましょう。

 

審査の申し込みでわからなくても、あとから確認の電話があるのでそのときに聞けば大丈夫です。

 

おすすめ消費者金融はこちら

 

 

消費者金融で複数お金を借りた後

 

消費者金融,他社借入,嘘
複数の借り入れができたとしても安心してはいけません。

 

返済のことはきちんと計画してやりくりしましょう。

 

まずは、複数の借り入れをできるだけ1社にすることです。

 

節約をするとか、副業やバイトをするなどして収入を増やします。

 

収入が増えたからといってそのお金を使ってしまうのではなく、返済にまわします。

 

複数の借り入れをしたら、借りている会社を減らすことを第一に考えましょう。

 

おすすめ消費者金融はこちら

 

 

追加の借り入れができなかった場合

 

消費者金融,他社借入,嘘
どこの審査も落ちてしまう場合は『あなたはお金を借りないほうがいいですよ』という警告です。

 

借金を増やすことは生活を苦しくするでしょう。

 

借り入れ先を探して借金を増やすより、今ある借り入れ残高を減らすことが最優先です。

 

節約はもちろん、収入を増やすことも重要です。

 

メルカリやオークションなら、家の中の不用品を売って現金にすることができますね。

 

お金を借りるように即日で現金が用意できるわけではないですが、うまく使えばかなりの節約と収入増加になります。

 

無駄遣いをやめて家の中をみまわし、不要なものはないか?売れるものはないか?探してみましょう。

 

メルカリでは牛乳パックやトイレットペーパーの芯、ケーキについてくる保冷剤なんかも売れたりします。

 

地道な努力ですが、返済の負担を減らすためには役立つ方法です。

 

おすすめ消費者金融はこちら

 

↑ PAGE TOP